Peepshow

ピープショーの楽しみ方

ピープショー・シアター(のぞきからくり)について

ピープショーは17世紀のヨーロッパで考案された装置で、遠近法と覗き穴のレンズ効果を利用して、近景・中景・遠景にいたる複数枚の絵を窓状にくり抜いたものを間隔をあけて配置し、それを片目で覗き見ることで予期せぬ視覚的な驚きを得る仕組みになっています。今では、それら歴史的ピープショーは、写真や映像の歴史をたどる関連として専門的な博物館やコレクターが所蔵するのみで、現代では広く知られるものではなくなっています。ピープショーには思いがけない浮遊感を伴った極端な遠近感や、立体的な臨場感が楽しめることから、江戸時代の浮世絵にあった"おもちゃ絵"の組み上げ絵(立版古)や見世物の覗きからくりを合わせたような視覚効果があります。そこで物語の場面などを書き割り舞台のようにして覗き見る"仕掛け絵本"のように創ってみました。

美術館.com

ピープショー・オフセット版の販売

ピープショー・オフセット版の販売は
こちらのページをごらんください。


>ピープショー・オフセット版の販売




吉田稔美のオリジナル・ピープショーについて

歴史的なピープショーを初めて見たのは1990年ごろに立体視が流行し、ステレオ写真やホログラムなどにふれることが多くなった頃です。「大阪3D協会」として、藤本由紀夫、塚村眞美、細馬宏通、永原康人らの活動により、東京都写真美術館で開催された企画展「3D-BEYOND THE STEREO GRAPHY 3Dステレオを超えて」の中で所蔵品として展示されていたことがきっかけです。それから10年程たった2001年頃、シルクスクリーン版画による絵本やグリーティングカードの他に何か変わったカードの作品を創ろうと思いました。そんな時にフラッシュバックのようにピープショー制作を思い立ち、現在に至るまで創り続けています。

[>次のページへ]